病だから抜く、その前に
top
まだ間に合う歯周病治療とアフターケア歯周病とは>悪化させる原因


歯周病を悪化させる原因

歯周病を悪化させるお口の中の原因
歯石
歯の表面についたプラーク(歯石)に唾液中のカルシウムやリン酸などが付着すると、歯石になります。歯石にはプラーク(歯石)が付着しやすく、歯肉の炎症を悪化させます。 歯石 除去前と除去後

歯並び
歯並びが悪いところはブラッシングが不十分になりやすい場所です。そうした場所はプラーク(歯石)が蓄積しがちで、歯肉の炎症が起こりやすくなります。 悪い歯並び

歯にきちんと合っていない冠
歯に合わない冠(クラウン)などの周りには、間のふちと歯の間に、段差ができているため、プラーク(歯石)がたまりやすくなります。しかも、歯肉に隠れてしまう場所のため、一度たまったプラーク(歯石)は一般の歯ブラシでは決して取れません。 歯にきちんと合っていない冠 きちんと合っている冠

歯ぎしりや口をあけたままで呼吸する癖
歯ぎしりや口をあけたままで呼吸する癖は歯周病を悪化させることあります。 歯ぎしりは歯に想像以上に大きな力がかかり、歯周病でぐらぐらしている歯は、歯ぎしりによって歯周病の進行が早まることがあります。 また、口をあけたままでの呼吸は、口の中が乾燥しがちです。乾燥したお口の中では歯肉の抵抗力も弱く、プラーク(歯石)が付着しやすいので、歯肉の炎症が起こりやすくなります。 歯ぎしりや口をあけたままで呼吸する癖


歯周病を悪化させる全身的な原因 生活習慣の見直しが必要です

近年、生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させたりする原因になっていることがわかってきました。歯周病を予防し、少しでも状態を改善していくためには、お口の中の環境はもちろん、生活習慣を見直して全身的な原因を減らし、全身の健康状態を整えていくことが大切です。

喫煙・タバコ
喫煙・タバコは歯周病を確実に悪化させます。
タバコを吸うと、血管が収縮し、歯肉は血行不良を引き起こしてしまいます。喫煙者は、見かけ上の歯肉の炎症は少ないのですが、歯周病菌に対する抵抗力も低下しており、気付かないうちに歯周病が重症化してしまいます。また、喫煙は身体を守る白血球の機能を著しく低下させ、歯周病菌から体を守る働きが悪くなるため、歯周病を悪化させる原因となります。
喫煙 タバコ


糖尿病
糖尿病になると細菌感染に対する抵抗力が低下し、歯周病が悪化しやすい状態になります。
また、最近の研究では、糖尿病の患者さんに対して、徹底した歯周病治療をすると、血糖値が改善されることもわかってきました。
糖尿病と歯周病はお互い密接に関わりあっているのです。
糖尿病

ストレス
いろいろなストレスがあると、身体的にも精神的にも疲労を覚え、体の抵抗力が弱くなります。そして、そのことにより、生活習慣が変化したりすることが多く、歯みがき(ブラッシング)、喫煙、食生活の乱れ、歯周病が悪化しやすい状態になります。
ストレスをなるべく解消しながら日々の生活を送ることは、歯周病にとっても大切なことです。
ストレス


甘くやわらかい食物と不規則な食習慣
甘いもの、やわらかいものを多く食べる習慣は、歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を増殖させ、歯にくっつきやすくします。
また、不規則な食事、栄養の偏りは全身の健康に悪影響を与え歯周病を悪化させる一因となります。
甘くやわらかい食物と不規則な食習慣


TOP 歯周病とは 歯周病の治療例 口臭の話
レントゲンの話 歯周病と関連して
いる病気の話
良くある質問 もう抜きたくない人の
治療法
当医院の特徴 入れ歯の悩み インプラント
診療時間と来院案内 ご予約と相談窓口

当医院の特徴 入れ歯の悩み インプラント 診療時間と来院案内